2022年01月03日

見えないものを感じ、見えるものを生かす

KIMG2933.JPG
新しい年になりました。明けましておめでとうございます。
雪に囲まれた家の中で暖かく、静かに過ごせることに感謝。ヒルデガルト の音楽から心の落ち着きをもらって新しい年を始めます。
天からまっすぐに降りて来た言葉と音楽。そこには体裁も頭だけの理解、人間社会のしがらみもない。そのまま、ありのままで受け止めるヒルデガルト 。その音楽を奏でるだけで、宇宙の中の自分を感じ、音楽に深く入っていける幸せ。
「今われらに開かれた 閉ざされていた門が」Hodie (Nunc) aperuit
この詩に限らず、ヒルデガルトが啓示を受けた詩には、処女マリアが新しい生命を受け入れる、性のことを赤裸々に綴ったとも言える内容の聖母マリアを讃美するものが多いのです。
当時の権力者や頭脳優先の学者にとって恐ろしい存在だったでしょう(今でも避けたり怒ったりする人はいるでしょうね)。
KIMG2937.JPG
以前も紹介したかもしれませんが・・・
イギリスのWigmore Hall の András Schiff Beethoven Lecture-Recitalsが素晴らしくて。ベートーヴェンのピアノソナタは、もちろん、楽器としてのピアノの目覚ましい発展が大いに影響しているのですが、オーケストラの響き、ベートーヴェンの以前の作品、彼が影響を受けた尊敬する過去の音楽や文学などとの関わり(それらを楽譜(作品)から見つけて音や性格やテンポ、本質的なものにたどり着くのが本当に楽しい作業!)思想や人間の理想が前提として存在します。それから、冗談、ユーモアも!だからベートーヴェンの音楽は興味が尽きない。
語りながら次々に弾いていく様は圧倒されるけれど、何より、シフ氏の音楽への愛に感動する(ユーモアがあって親しげで!)。特に後期の音楽を聴いたり演奏するときに体が震えるほどの感動は、人間が作り上げる世界でなく、天体の動きを感じ、人間は目に見えるものを超越するものを感じる感覚を共有できる、ということから来るのだと思います。シフ氏が宇宙を感じているのが音から伝わることに感動・・・。

言葉は、誰が発するかによって変わり、その人がその言葉をどう解釈し考えているか表れます。
それによって、言葉が生きてきます。
音楽と同じ。
KIMG2934.JPG
年末に溜まった新聞を読むと、感染症に関わる貧困や困窮、国の予算や防衛、軍備など穏やかでない重要な問題が、毎日のようにこれでもかと記事になっていることに気持ちが重くなります。政治や自然環境を守ることは、個人の生活と繋がっています。使われる(問題になっている)言葉の本来の意味をまっすぐに捉えて、人が繋がって小さなコミュニティから動いていけたら。
小さな自治体では、みんなの目が見ている、というのがポジティブな方向に働けばいいのでは。少し人と行動がずれるのは好かれない狭い地域で、「失敗」をすることにビクビクするのがマイナスだけれども。それでもやはり、人によるのでしょうね・・・。
小さな町に住んでいると、農産物では地元の新鮮で安いもの、有機や自然栽培のもの、季節で採れるものが美味しい。ブランド米でなくても、町で作る米がある。菜種油や小麦粉を輸入しなくても、米粉や米油は身体に引っかかりなく入る気がします。
生きている場所から近いところで採れるものを生かす。目に見えるもののいい点はこういうことでしょう。
自由な発想を実現できるようにしたいものです。
音楽では、どんなことやっても自由だよ!と、それぞれの人の心や気持ちを解放できるようなレッスンやコンサートをしたいと、改めて思います。自分自身が解放されていないと!身体も緩んで、心も自由で、それを演奏につなげていきたいです。
「開け、わが心よ」Öffne dich, mein ganzes Herze
ちょうど見ていた楽譜がBWV61 Nun komm, der Heiden Heiland「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」のアリア。啓示ですね。
posted by makkida at 15:16| 楽器演奏と身体 | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

自分を助ける

KIMG2840.JPG
自らを助ける。
前の首相が口にしていた意味ではなく。そういう圧力やストレスや理不尽な事、行き詰っている現状から、自分の心が少しでも逃れる時間を作って、自分を楽にする、という話です。
新型コロナウィルス流行がこの先まだ何年続くかわかりません。自分の仕事がこの先どのようにやっていけるか、新しく人と出会う機会を作れるか、何処でどうやって生活していけるかもわかりません。
家を出たくても出られない、悶々とした未成年に舞い戻ったよう・・・。
「家にいよう」なんて言われて、ものすごくストレス貯めている子どもたち、苦しんでいる人たちにとって、今は闇の中。

自分の夢中になれること、集中できること、これをしている間は嫌なことを忘れる、ということに没頭できる時があったらいいな。
家にいて「手伝いもしない!」と親に怒られようと、自分がキレなければ、その方がいい。
怒りの方が始末が悪い。怒りは周りの人の心身を害する。周りも自分も傷つける。

「今日の糧をお与えください。」
今日もご飯が食べられた。ありがとうございます。
周りの人とうまくいかなくても、仕事が継続的になくても、食べられさえすればなんとかなる。

また明日から大雪が降るそうです。
隣近所の人が雪かきしてなくても、人にはいろんな事情があるんです。体が痛いかもしれない、熱があるかもしなれない、風邪っぽいかもしれない、明日大事な試験や本番があるかもしれない。
身体が丈夫な人や動ける人には、どうして動かないのか理解できない、という考えもあるみたいです。
動けない人もいるんです。
動ける人が動けばいい。

バランスよく、なんでも食べたり、鍛えたり、運動するのがいい、という人もいます。
スポーツ選手でも膝に故障があって正座ができない人もいる。ある部分が動かなくても、スポーツを楽しんだり、専門にしている人がいます。
楽器演奏でもそうです。
骨格がよく、全ての筋肉が強く、柔軟でよく動く、体に恵まれた人だけがいい音楽をできるわけではありません。指が10本ない人もいるし、関節が硬い、腰が弱い、身体が小さい、細い、長時間立って(座って)いられない、耳が繊細すぎる、目が見えない(耳が聴こえない!)・・・弱いところを持っている人も音楽を楽しんだり、素晴らしい音楽の感覚を持っていたりします。

音楽は私たちを助けてくれます。
人とうまくいかなくて仕事もなくて、明日が来るのが嫌だというときでも、音楽に深く入っていければ今を生きられるんです。自分が呼吸できるし、安心できて、幸せな気持ちになれる。24時間のうちにそんな時間が10分でもあれば、1分でも音楽に触れれば、そのエッセンスをもらえれば、生きられる。
コンサートに足を運んでくださる方に、そのような時を過ごしていただけたら、素晴らしいだろうなあ!
新しい年始めのソロ、そして誕生月の、今週末の長野での小さなコンサートで、心を満たす時にできたらと思います。

楽器を弾けるかどうか、音楽を続けられるかどうか。自分自身がやるかどうか、これだけです。
家事や雪かきで身体を痛めるのは言い訳です。外に一歩も出られなくても、音楽家でありたいかどうか。

自らを助ける。
身体を痛めてでも弾けるまで長時間弾き続けるのは、経験上、大事なものを壊しているように思います。
楽器を弾く前に10分でも、身体を緩め、ゆっくり深呼吸し、暖かな血が廻るようにする時間を作る。弾いていて痛みを感じたらすぐやめる。こちらの方が楽なようでいて、ずっと忍耐強さが必要です。自分と向き合う、精神的に豊かな、瞑想のような音楽になります。
20220115cellosoloカフェパーシモンS.jpg
20220115cellosoloカフェパーシモン.pdf
posted by makkida at 19:19| 楽器演奏と身体 | 更新情報をチェックする

2022年01月13日

無伴奏プログラム@長野 解放の詩と音楽

KIMG2839.JPG
週末の小さなコンサートの内容のご案内です。
まず、12世紀ドイツの修道女、ビンゲンのヒルデガルトの聖母マリアのための歌でプログラムを始めます。
「いま われらに開かれたり 閉ざされていた門が」
イザヤ書60章11「あなたの城門は常に開かれていて 昼も夜も閉ざされることはなく 国々の富があなたのもとにもたらされ その王たちも導き入れられる」と通じる内容です。ヒルデガルトの目は女性に向けられています。男性優位の社会が女性に閉ざしていた門、厳しいしきたりやタブーに、今、光が差し込み、女性が明るく輝く。処女マリアが生命を受け入れることによって、すべての人の自立した新しい生き方が始まるのです。
「城門を通れ、通れ、民の道を開け。」

時が止まらないように、プログラムも続けて次へ進みます。
イタリアのボローニャとモデナで活躍したG.B.ヴィターリのヴィオローネのための音楽、そしてJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲から第1番。

19世紀終わりから20世紀前半に活躍したフィンランドのシベリウスの作品。
いつの時代も人間は国や人を支配しようとします。隣の大きな国の圧政に長く苦しめられていたフィンランド、隷属から解放され、目覚めの朝が始まります。「おお スオミ あなたの日は近づいている 夜の脅威は既に消え去り そして輝いた朝に雲雀は歌う それはまるで天空の音楽のよう・・・」有名なフィンランディア讃歌です。
遡って学生の頃に書かれたチェロのための作品、民謡風のテーマと変奏曲が続きます。

そして、ハンガリーのコダーイの作品から。
よく知られた民謡「孔雀は飛んだ」をもとに、19世紀に詩人アディ・エンドレ(1877〜1919)が詩を膨らませました。元の民謡の歌詞は、かつてオスマントルコ帝国の支配下にあったマジャール人、鎖なき囚人の自由を願った歌。
「飛べよ孔雀 飛べ 牢獄の上に 哀れな囚人たちを解放するために
孔雀は飛んだ だが囚人たちは解放されなかった
孔雀は飛んだ 哀れな囚人たちを解放するために」
コダーイは1935年にその民謡を採取し、アディ・エンドレの歌詞を使って1937年に合唱曲を作曲。時代は、ファシズムがヨーロッパを支配しつつあり、ハンガリーにも台頭した頃。コダーイは非人道的な政権に対する抗議を込めました。「孔雀は飛んだ 多くの貧しい者たちに自由を与えるために」
ここでまたイザヤ書61章1節から。
「わたしを遣わして 貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。
打ち砕かれた心を包み 捕らわれた人には自由を つながれている人には解放を告知させるために。」

ハンガリー民謡の研究に取り組みながら、パリで短期間学んだ若きコダーイ。第1時対戦中の1915年に作曲したチェロのための大曲、無伴奏チェロソナタから第1楽章。低音弦2本を半音ずつ下げる調弦スコルダトゥーラの指示があります。ハンガリー語のアクセントやリズム、民俗音楽が土台にある音楽です。
20220115cellosoloカフェパーシモンS.jpg
20220115cellosoloカフェパーシモン.pdf

2022年01月21日

ソロコンサート@長野、無事終了

KIMG2947.JPG
先週の土曜日、長野市での小さな無伴奏チェロコンサートが無事終了しました。市内在住の弦楽器演奏家や音楽愛好家の方々が多くお越し下さいました。新しい出会い、熱心な反応が嬉しく、とても励まされました。長野でも新型コロナウイルス感染が拡大する中でコンサートを開かせてくださったカフェのオーナーさん、お越し下さった方々、応援してくださった皆様に感謝いたします。
5月5日に小布施でソロコンサートを開催する予定です。プログラムはほぼ決定しています。詳細は追ってご案内いたします。

コンサート開催に当たっては、ずっと、定員を半数以下に人数制限をしています。感染予防対策を工夫していますが、お客様がご自身で判断して、ご無理のないようにご来場いただけたら有難く思います。今回も、大雪のために出て来られない方や、感染拡大を恐れてキャンセルされる方もいらっしゃるだろうと予想していました。感染拡大や天候には逆らえません。
コンサートは音楽家の仕事です。できる限り想像力を働かせて、準備をするのみです。無料PCR検査ができるようになりましたが、近くにその場所がない町もありますし、県をまたがって住民票がない土地でも受けられたらいいなと思います。しばらくの間、抗原検査で陰性を確認してコンサートをするのが必要になるでしょう。フリーランスに支給元はありませんから、抗原検査キットを無料で配布して貰えるとありがたいです。

感染症流行が始まって、海外からの演奏家の来日が難しくなり、国内の演奏家も積極的に活動を展開できません。生の音楽を心から求め、待望している人がたくさんいるでしょう。音楽が人間にとって本当に必要だという思いが、日増しに強くなりました。衣食住が十分でない時に音楽が役に立つのか、音楽が生きる上でどういうものか、災害が起こるたびに自問自答します。音楽でお腹はいっぱいになりませんが、心が満たされます。傷ついた心、固くなった心を和らげたり、温かくすることができるよう願っています。音楽によって、もう一度やり直そう、生きよう、と思った経験がある人は少なくないでしょうから。
コンサートの間、時空を超えて、別の世界へ飛ぶ体験を味わい、特別な時間にしたい・・・。
音楽をすることで、誰かの人生や人間らしさに関われる可能性があるのは、とてつもなく素晴らしく、私にとって大きな喜びです。

今年は、録音プロジェクトも計画しています。制限のある中で可能な活動をして行きます。
KIMG2965.JPG
今年は雪が多く、ウンザリするほど雪かきに追われる毎日。屋根から落ちた雪で家の窓はすっかり雪で埋もれてしまっています。取り除いても、降り積もり。雪を捨てる場所もなくなってきました。白くて、サラサラして、固まって重くなるものに食傷気味・・・。
それでも、夕暮れ時、音もなく静かに降ってくる雪にホッとします。こんな音楽もあるんだなあ、と。

自然の力は底知れない。水は地球のはじめからあり、生き物に欠かせないが、襲うこともある。何もかも真っ白に覆い尽くす雪。太陽が出れば雪は溶け、大地が乾いてくれる。
南の方では鳥が鳴き、花が咲き始めているのでしょう。
ここでは、まだしばらく、モランが家のそばにいます。あちこちにモランがいて、悲しんでいる。
KIMG2983.JPG

2022年01月27日

自然の中で呼吸とともに楽器を弾く

KIMG2998.JPG
積もった雪が固まると、除雪機だけでは済まなくて、スコップで崩していかなくてはいけない。氷の彫刻を作っているみたいだ・・・なんて優雅なものではなく。利き手の感覚がおかしくなって来る。腰や腕に来ないよう、気をつけているけれど、作業を終えるとクタクタ。
カイロを右半身あちこちに貼り付けて、午前中は呼吸とともに徐々に動かし始める。夜、練習を終える頃には身体は楽になっている。ガット弦の癒しの力は素晴らしい!
雪かきを「やらなきゃいけないことあるのに、くそ〜っ!」怒りながらやると、てきめんに体を痛める。
何をやるのにも精神状態は体に影響がある。
KIMG3003.JPG
静かだ。
雪は音もなく降り、音を吸い込む。
どこにいてもこのような平和な心でいられたら。
KIMG3001.JPG
生徒さんがここまでレッスンを受けに来られたらいいのに!
散歩して、徐々に自然の呼吸に合うようになり、体が周りの空気に馴染んでくる。
気が下りて、心が静まり、感覚が繊細になったところで、開放弦を一音鳴らす。
KIMG3004.JPG
コロナ禍が落ち着いたら、レッスンやアンサンブルワークショップできたらいいですね。
この辺りのペンションに滞在してもらって、地元の新鮮な有機や自然栽培の野菜を食べて。朝の澄んだ空気を吸い、夜は満点の星空。暖かくなれば、虫も鳥もあらゆる生き物が元気いっぱい。厳しい自然ですが、得られるものは大きい。
KIMG2989.JPG
posted by makkida at 20:43| レッスン・ワークショップ | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.