2022年12月04日

アドヴェント、平和を待ち望むとき

KIMG3608.JPG
あとひと月で2022年が終わろうとしているのに、ウクライナでの戦争は終わらず、世界中で自国を防ぐため武装する方へ向かっています。
戦争は始まったらなかなか終われない、終わらない。政治家もどんな宗教も戦争をやめさせることはできない。誰が始め、誰が続けている戦争か。
戦って命を落としているのは最前線の兵士たち、破壊されるのは人々の生活、傷つけられるのは人々、家、田畑、家畜、学校、店、工場、人の心。子どもや学生はコロナ禍で、学ぶ場だけでなく様々な行事を奪われてきたのに、戦争によってさらに貴重な機会を失います。
今、地球の最大の課題になっている環境破壊に、もっとも貢献している戦争。それを引き起こすのは私たち人間。人間の歴史が始まって、ずっと繰り返されてきた人の暴力、国と国の戦争。
人間の愚かさへの反省から、命の尊さ、生かされることへの感謝から芸術や文学が生まれ、また戦争が繰り返され・・・。
武力ありき、では地上に平和は訪れないでしょうに。

西洋音楽はキリスト教と切っても切り離せない繋がりを持っています。
今、待降節(アドヴェント)の時期、クリスマスを迎えるまで多くの宗教曲がコンサートで演奏されます。
言葉は、ただその文字を知ってるだけでは意味をなさず、言葉の意味が大事だと思います。
マニフィカト(マリアの賛歌)の音楽で、「わたしの魂は主をあがめ」とは一体何だろう。グロリアにおける、「地に平和」とは?歌うとき、言葉を口にしたとき、その言葉が音になっているかどうか・・・。
宗教曲の中で、「救い主」という言葉が頻繁に使われます。
一人の人間が人類を救う、なんて聞くと、強い権力を持つ独裁者に従うことを多くの人は想像し、それを肯定するのでしょうか?
人が人を支配し、人が自然をも金儲けのために利用するこの地球上で、本来どうあるべきか自分の頭で考え口に出すことが無意味にも感じるけれど、「私の魂」は権力ある人間を崇め追従することを否定したい。理不尽な人間社会の中で、芸術は常に「私はどう生きるか」を探求し問い続けます。
教会で使われる用語を発し、教会に行くだけで「安心」なら、考えることを止めている状態なのかもしれません。一方、「わたしは無宗教である」と言った時、信仰や宗教から人間は理性で乗り越えられたのだ、という現代人の驕りを感じることがあります。
そうやって考えて行くと、謙虚であることが「平和」なのだと気づきます。
小さな一つのことを知った時、自分がいかに知らないかを知ることになります。

今、サッカーのワールドカップが盛り上がっていますが、スポーツに使われる言葉は、戦争に使われる言葉と同じものが多い気がします。「攻撃」「戦う」「守る」「倒す」「勝つ」「負ける」
戦争をやめてスポーツをしたらいいのに。

2023年には、「平和への祈りプロジェクト」と銘打って一年かけてコンサートをあちこちで企画したいと考えています。
共通の思いで集う教会では今までもやってきた内容ですが、言葉と音楽の繋がりをあえて意識して、ヒルデガルトの歌や教会の礼拝で歌われるコラール、そして様々な民謡、それぞれにつけられた詩(歌詞)を土台にして、全体を1つの流れに編んだプログラムです。それを、一般の社会で、生活の中で、平和をまっすぐ願う音楽の波紋が広がったらいいな、と思います。過去や歴史と向き合い、初めてのことや他の国や文化、違う価値観に気づくことを恐れずに。
人は人を殺したくないし、殺されたくない。だから武器を捨てよう。命あってこそ、隣の人が喜んでくれて、心が温かくなる。
荒れた世界情勢やコロナ禍で分断された人との繋がりが、一人、また一人と繋がっていけますように。疲れた心身が温まり和らぎますように。
年明け、1月に小さな場所から始めます。
2023年1月29日(日)東京・練馬区のギャラリー古藤にて「無伴奏チェロコンサート」。詳細は追ってご案内いたします。


posted by makkida at 23:54| あんなこと こんなこと | 更新情報をチェックする

2022年12月09日

19世紀のチェロ音楽

KIMG3614.JPG
今年2022年はバロックの楽器を使った本番がメインだったので、2023年はモダン楽器(と言ってもこちらの方がオールドで音色もキャパシティーも豊かな楽器)で19世紀以降の音楽をやっていきたい。こちらの楽器にもプレーンガット弦を張っているため、なかなか大きなモダンピアノと大きなホールで演奏する気持ちになれないが、ヒストリカルピアノとのデュオの実現を目指して。
土台づくりとしてショパン、そして彼と親しかったチェリスト、オーギュスト・フランショームの作品を勉強してみる。ありがたいことに、この時代だとかなり楽譜は手に入りやすいし、研究は進んでいる。近々本番はなくても、勉強を進めていけば、ピアニストと何かプログラムを組んでやってみる機会は現れるだろうと期待!
ピアニストとヒストリカルピアノでシューマンやブラームスの作品もできるよう、来年の一歩が繋がっていけばいいな!
フォーレまではぜひ。
もちろん、ベートーヴェンもね。
やはりフランス革命以降に熱い気持ちが向くのだ。

今朝、信濃町では雪。しなの鉄道に乗って長野まで行く途中、町を出たら雪も雨もなく空は明るくなって、長野駅では晴れ。松本ではよく晴れた1日だった。。。
posted by makkida at 00:31| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

クリスマスの音楽をチェロで

KIMG3618.JPG
クリスマスにいかが?1ポジションで弾けます。”in dulci jubilo 甘き喜びのうちに”
今年はクリスマスのソロコンサートはなくて残念。。。
posted by makkida at 01:17| あんなこと こんなこと | 更新情報をチェックする

2022年12月14日

2023年1月コンサートのご案内「平和への祈りプロジェクト」

20230129無伴奏チェロ@古藤.jpg
先の記事でお知らせしました2023年のプロジェクトは、1月29日に始動します!
戦争が止まない今、子どもも大人も同じ空間で、音楽によって心温まる時を持てますように。遠い国やその土地の人々、今につながる人間の歴史、ひとりひとりの生活に想いを馳せ、生きる希望を見いだすことができますように。その波紋が広がって行きますように。
会場でお会いできるのを心待ちにしております。

2023年1月29日(日)
”平和への祈りプロジェクト2023” Pray for Peace 〜in terra pax〜
無伴奏チェロコンサート

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン、コラール (讃美歌)、J. S. バッハ 、Z. コダーイ、B.バルトーク、G.リゲティ、V. シルヴェストロフ、
カタロニアのキャロル「鳥の歌」、ウクライナほか様々な民謡

【時間】3回公演 11:0014:0017:00(開場は各回15分前)14時の回は残席2となりました!(1月4日現在)
【場所】ギャラリー古藤(東京都練馬区)西武新宿線江古田駅
【料金】要予約 各回限定15名
一般 3,500円 小中学生 500円
【主催/予約】 MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(メールでの受付は前日18時まで。☆を@にタイプし直してください)
【当日連絡先】ギャラリー古藤☎03-3948-5328

💡チラシ.pdfはこちら
posted by makkida at 22:26| 音楽による平和への祈り | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2023 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.