2015年01月05日

新年はコントラバスと

新年初は1月11日、ちょっとずつバッハをコントラバスの安保龍也氏との共演です。
この日は東日本大震災の月命日。それからその一週間後は阪神淡路大震災から20年。犠牲者を想い、悼むときを持ちたく思い、プログラムは以下のようになりました。

J.S.バッハ:アダージョ イ短調(トッカータ、アダージョとフーガBWV564より)
J.S.バッハ:フーガの技法より反行・拡大のためのカノン
J.S.バッハ:無伴奏組曲第3番ハ長調BWV1009
ヴィヴァルディ:ソナタ変ロ長調RV46
ボッケリーニ:ソナタ変ロ長調G.565

前半は語る音楽。土台がしっかりした構築の、ゴシックとバロックの混じった簡素かつ装飾のある建造物のような音楽。後半はお喋りな音楽。様々な仮面をかぶった色んな性格の登場人物が演じているような音楽です。
このボッケリーニのソナタは、グリュツマッハーによって手を加えられて元の形が変えられてしまった有名な変ロ長調のコンチェルトの元々のソナタ版です。超絶ハイポジションの技巧的音楽も、コントラバスのバスと弾くと、 どこかネジが弛んで、なかなか味があって笑顔になれます。
国や性格は違えども、灯は蝋燭、乗り物は馬車、水を足で汲みにいき、全て人間の手作業であり、寿命も短かく、死が隣り合わせだった時代の、光と暗闇の音楽。そんな時代の方が、人間の歴史ではずっと長いのですがね。
ガット弦はそういう歴史と共にあります。
安保氏が古い名器につけておられる弦も、スチール巻きのガットです。

ガット弦で私のことばを語り、歌を歌い、色彩豊かな音楽をお伝えしたいと思います。

さらなる自由と多様性を目指して!雑草と呼ばれる野の草花の心境です。
平和で創造的な年となりますよう。
今年もよろしくお願い申し上げます。
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.