2017年07月06日

宇宙と自分

Victoria006s.jpg
私がかれこれ10年お世話になっている整体の先生は、何の権威とも無縁、自分で理解することが全て。
自分で得た確かな証拠と触感による治療。人間の身体を部分で捉えるのではなく、関連を見つけ、状態を観察し、バランスを取っていく。大事なのは「治療が痛くないこと」と仰る。それぞれの身体や姿勢の癖を受け入れる。あるがままの姿を見る。丈夫なのが良いことでもなく、弱いところがある方が気をつけるからいい、とも。歯医者も「痛くないこと」「熱心な治療をしない(勧めない)こと」の観点で選んだのだそう。
どこどこ大学の有名教授が「まだ痛みの原因を部分で捉えて解決しようとしている」ことに時々腹を立てている。痛みに関しては「何が何に効く」とか「即効性」とか、簡単にお金に繋がるようなのは本当の治療ではない、ということか。
無理な力を使わない治療。温める、緩める・・・患者が気持ちがいいと感じる。

いいエネルギーが存在していれば草木もぐんぐん伸びる。彼らに意志があるかのように。

文字通り、今を生きる人。自分のペースでゆっくりと。
どんなに上手くいかないことがあっても、すっきりしなくても、今日一日で完結する。今日をそのまま受け入れる、謙虚なこころだと思う。
望めば向こうからやってくる。ヨガでも料理でも、初めから本質に直接触れることができる。
旅に手ぶらで出掛けて、帰りにはたくさんの宝ものを貰ってくるような人。出会った人が喋りたくなり、その人に大事なものを与える。
自然とそうなる。
宇宙が助けてくれる。
まるで『アルケミスト』の若者。

posted by makkida at 23:28| 楽器演奏と身体 | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.