2018年03月07日

平和の時の到来を望む!

20180304羊とヤギ_1のコピー.jpg 20180304羊とヤギ_4のコピー.jpgphoto&lighting by Shinichi Kida
ビンゲンのヒルデガルトによる四大元素のハーモニーシリーズ第2回”水”が終了しました。お越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。

ヒルデガルトが言うところの四大元素の「土、水、火、空気」は、それぞれ切り離して考えられないものです。互いに結びつき、影響し、関係することによって生物が作られます。その性質は明確であるものの、そこから何かを導き出すときにどちらとも取れ、はっきり分けられないのです。どの視点から考えるかによって、テーマからどのようなプログラムと内容になるか、変わってきます。
ヒルデガルトが残した「天の啓示による調和のハルモニア」約80曲の中から、選んだキーワードは「女性」でした。もちろん、「血」はキリスト教では重要な言葉ですし、水から容易に直結する言葉でもあります。聖ウルスラのために書かれた「おお、血の赤さよ」を一曲選びましたが、私は今の世において(このシリーズにおいても)この先へ続く開かれた世界にしたいと思いました。「水」の記号は子宮を指し示すことから、この言葉を歌詞の中に探すと、「女性に閉ざされていた門が開かれて、御子を宿し、痛みと苦しみを体験した末に命を産む、輝かしい喜び。この世界に新しい命を歓迎する」聖母マリアのための音楽に数多く登場するのです。その子にはこれからどんな受難が待ち受けているにもかかわらず。

宇宙が誕生し、星々や生命が次々に生まれ、今この瞬間も止まることなく勢いよく進んで行く渦巻く螺旋のうねりの中で、地球があり私たちの生活がある。どんなに人間が自然を破壊し汚して来ても、力強い自然界は青々とした生命を、息吹を作り出してくれました。でも、戦争はなくならず基地も無くならず、生活も体も心も壊され、核を大量に持つようになった現在、もうヒルデガルトが見た宇宙の終末は近いのかもしれません。
全て崩壊し、全ての汚れが消え去り、ゆっくり時間の流れが止まって行くのかもしれない。そして最後に無音の暗黒へ・・・
彼女が見たその先の平和の時「この日には愛すべき雲が細やかな空気を伴って大地に触れ、正気と実りの力で大地を湧き立たせる。・・・・・殺人のために鍛えられた全ての武器は禁止され、ただ畑の耕作に使われて人間の役に立つ道具類だけが制作を許される」
幻ではなく、見えないからと諦めるのでもなく。啓示も、夢の中で伝えてくれることも、信じなければ無かったことと同じ。そして、無関心は恐ろしいことになる・・・

なんとか音楽で形にして、いい響きにしていきたいと願っています。
明るく!笑顔で!(笑)
まだ毎回模索ですが、毎回見えて来て、一つでも二つでも輝く石が見つかっています。こうやってだんだんと羊とヤギの次のアルバム「水」が製作できればいいな、と考えています。
今年前半は「土、水」のプログラムを深めて行く場があれば嬉しいです。

行く先はロウソクの灯だけのライヴ。夢です。

空調の音を消すことができず、静寂の音楽を味わっていただけなかったのは申し訳なく思います。次回の東京での公演は、響きのある場所で開きたいと考えています。ぜひまた、そして別の土地でも、初めての方もお越しいただけましたら幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
当サイトの写真の無断転載・無断使用はご遠慮ください。