2019年06月14日

茶房ライヴシリーズ その3 SOLO CELLO!

《築140年の蔵と227歳のチェロ》
蔵シック館『茶房』の床や梁に使われている木材は、長い年月を経て硬く締まり、チェロを弾いてみると、想像以上に低音がよく鳴り、高音も柔らかく、気持ちのいい響きです。
築140年の蔵と227歳のチェロが織り成す特別なハーモニーを皆様にも味わっていただきたく、コンサートを企画しています。
第 3 回は 16 世紀から現代までの無伴奏作品を演奏します。プログラムは、ディエゴ・オルティスのレセルカーダ(パッサメッツォ アンティグオ)、有名なグリーンスリーヴス、マラン・マレのシャコンヌとスペインのフォリアなど16世紀から18世紀のバッソオスティナート(固執低音)による変奏曲。バッハの無伴奏からフーガのある5番のプレリュード。20世紀のブリテンの無伴奏から歌とフーガの楽章、そしてコダーイの無伴奏から2楽章です。
変奏曲と対位法(フーガ)。チェロ一本で多声の音楽。どうぞお楽しみに!
みなさまのお越しをお待ちしております。

2019年7月15日(月祝)15:30(15:00開場)
茶房ライヴシリーズ その3 SOLO CELLO!「無伴奏チェロ〜ガット弦の音色」
【場所】中町・蔵シック館 茶房(長野県松本市中央2-9-15)
【曲目】パッサメッツォ、グリーンスリーヴス変奏曲、M.マレ:スペインのフォリア、J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番よりプレリュード、B.ブリテン:無伴奏チェロ組曲第1番より 第1のカント(歌)とフーガ、Z.コダーイ:無伴奏チェロソナタより第2楽章
【料金】要予約
一般3500円/高校生以下1500円
1ドリンク付き 未就学児の膝上鑑賞無料
【予約・問合せ】
070-4314-3735(えびはら)
MA 企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp (☆を@にタイプし直してください) [前日まで]

チラシはこちらからご覧いただけます。20190615茶房ライヴ3.pdf
20190715茶房ライヴ3.jpg
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.