2020年03月14日

事実を知ることの大切さ

気温が20度以上にあがり4月のような陽気になったかと思いきや、雪が降ったり。
世界中で新型コロナウイルス関連ニュースが騒がれている中、子どもたちが外で駆け回って遊んでいるのをよく見かる今日この頃。子どもに限らず、自然の中で元気に動けるのは嬉しい。
それが、放射能被害とは大きく違うところです・・・

銀座の教文館で3月1日から15日まで開催されている信木美穂さんの「ひまわりの丘 福島の子どもたちとともに」原画展の中で、トークイベントが予定されていました。震災の日の11日、新型コロナウイルス感染拡大を避けるためにお客さまを集めてのイベントは中止されましたが、ライヴ配信するために、トークは予定通り行われました。福島原発事故によって避難生活を続けている高校生の鴨下くんと二児の母である森松さん、お二人のお話は、当事者だからこそ本質を直接伝えられる、目の覚める、胸に迫るものでした。
これについては、翌日の朝日新聞の朝刊に青木美希記者が書いた記事が掲載されました。
ライヴ配信と別に編集した動画はYouTubeでアップされています。世界中に配信することができたのはかえって幸運ともいえます。
@3.11の祈り レンゾ・デ・ルカ神父、信木美穂、富田牧子、木田いずみ
https://youtu.be/Wu-cgwRsj0I
Aクロストーク1 信木美穂×鴨下全生×レンゾ・デ・ルカ神父
https://youtu.be/B00RS4t1v9I
Bクロストーク2 信木美穂×鴨下全生×森松明希子
https://youtu.be/lVp2iRhZdAw

image1のs.jpg
今回中止になったチャリティコンサートで販売予定だったチャリティグッズが、教文館のイーショップで販売されています。収益は、福島の子どもたち、避難生活を続けている家族の支援をしている《きらきら星ネット》に寄付され、子どもたちの保養プログラムなど様々な活動に使われます。ぜひお買い求めいただき、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします!
https://shop-kyobunkwan.com/kirakiraboshi-net/
ミホプロジェクトのページで詳細を紹介しています。こちらもどうぞご覧ください。

この日のゲスト、森松さんによるMBSラジオでのお話の動画が他にもありますのでご紹介します。ご自身の言葉で話されているのでとてもわかりやすいです。
「3月9日(月)『福島原発事故から9年〜避難者は、いま』東日本大震災避難者の会「Thanks&Dream」代表 森松明希子さん」
https://youtu.be/eV4mz8ThQBA
それから、森松さんが原発事故被害者の一人ひとりに安心して暮らす権利を、と呼びかけている署名もあります。「国連の専門家の訪問を受け入れて、原発事故被害者の調査を実現させてください」こちらです。
https://act.gp/2T80eXA

「生きる権利」は一人一人当然あるもので、決して利己的でもわがままでもないと思います。
避難した先で住む家が与えられることが生きる上でとても大切であること、海外では「国内避難をする権利」があること、全人類にとって「無用な放射能(被曝)を避ける権利」を認識すること。
地球はつながっているのだから(ましてや福島は国内)、地震大国に原発がある以上いつ自分の身に降りかかってもおかしくないのだから、当事者の話から学ぶものはたくさんあります。
鴨下くんが避難先で受けた苦しい体験、自分を隠さず真実を話して行く決意。それをローマ教皇に話を聞いてもらえて理解されたことによって、直接でないにしても確かに彼の支えになっているであろう、前へ進もうとする、生きるエネルギーに胸打たれます。

この日のトークの前に少し演奏しました。
鴨下くんのお母さんが、事故から9年経ってやっと音楽が聴けるようになった、と話してくれました。震災直後は葉っぱ一つ見ても涙が出た。「ひまわりの丘」の登場人物は一人の人物にたくさんの子どもたちの話が詰まっており、本で読むことはできても、音楽はダイレクトに心に入ってくるのでとても聴くことが出来なかった。でも、今日、お祈りとともに穏やかな気持ちで聴けて嬉しかった、と。
この想いを胸に刻んでおこうと思います。

青木美希さんの福島取材をまとめた本。涙、憤り、やるせない思い、疑問が止まりません。災害はいつわが身に降りかかってもおかしくありません。一人一人がそれぞれの問題を抱えていますが、理不尽な問題は社会に山積みです。事実を伝えてもらえることは周りの人も自分自身をも守ることになります。今起こっている事実から目を逸らさずに。ぜひ読んでください!
KIMG1420.JPG



posted by makkida at 23:19| あんなこと こんなこと | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.