2020年03月16日

ひとやすみ

KIMG1434.JPG
大地が色づいてきました。小さな葉っぱや花があちこちから顔を出して息づいています。ちょっと恥ずかしそうに、小さな明るい声があちこちから聞こえてきます。
あちこちの桜の蕾が膨らんでいます。花が開いているのも。
人間たちの喧騒はいつものこと。
海にプラスチックや有害ごみが漂い、放射能の汚染水が土に染み込み、地球は今この瞬間も人間が汚していますが、生命は生きようとする方へ向かいます。
自然界の循環による小さな命を見て、感じて、人間は心身ともに安らぎます。感謝です。
KIMG1440.JPG
この感染症の影響によって、行動制限されたことによって、全世界で衝動買いしている人がいます。トイレットペーパーが無くなるとどうして考えてしまうのでしょう。マスクもそうですが、必要な人に届かなくなることを案じます。BBCのWebの動画ニュースでは、トイレットペーパーを作る工場からの声で、具体的にこれだけの量を作っていて足りなくならないのだから、今は供給が追いついていないだけだ、と冷静に報じています。
運送する現場の人々がまた無茶な仕事に追われます。

騒動に疲れた人、外に出ていきたくない人、出ていく気力がわかない人。
コロナバケーション、今こそ休みです。
心を騒がせるテレビもネットも制限する。

楽器を弾く気力体力がある人は家で音楽を。
ふきのとう、色の濃い野菜、発酵食品、生姜やにんにく・・・強すぎるなあ、という人は身体の調子を見て、食べたいものを料理する。音楽聴きながら。
太陽が出ていれば、ポカポカ陽気にあたって、じっとしているのもいいし、歩くのもいいし。
シジュウカラが鳴き交わして飛び回っているのを見て。
じっと地面を見つめて。何か動いてるよ。
もう、動けない、というときは寝転がって。
心が疲れたら、泣く。
苦しいことを話せる人がいたら、話す。
絵を描く。
出てきた言葉を書き留める。

まず、ゆっくり息を吐いて。嫌なもの、悪い考えを息と一緒に吐き出しちゃおう。
KIMG1438.JPG
世界の各国で入国制限されています。経済も文化もあらゆる活動が制限され行動が制限されます。新型コロナがいつ収まるか見通しも立たない中で、今後の計画も立てられません。
行動制限が行われているイタリアでは、窓辺(バルコニー)で外に向かって演奏したり歌ったりして楽しんでいるらしい。この歌は勘弁、とか、聴きたくない人もいるかもしれないけど(笑)どうにかなるさ、と、楽しむチャンスはどんどんやろうとする気持ちはいいな。
私は道行く人に毎日練習をお聞かせしていますがね・・・(笑)
posted by makkida at 13:05| あんなこと こんなこと | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.