2021年01月30日

音楽と自分が向き合う

KIMG2363.JPG
音楽(作品)と直接向き合うことは、自分の精神を自由にする。
先生のレッスンを受けるとは、ほかの人の思考回路で体験してみるということ。考えることを飛び越えて「答え」を得ることではない。
人は全てを一人で研究し、学び、体験することはできないから、過去の人や周りの人、先生から学ぶことは必要だ。人から学ぶことで視野を狭めるのではなく、世界が広がり、解放できたら!
私が演奏する、とは、自分で考えること。向き合っている音楽から、伝統と様式、音楽語法の知識をインプットするだけに留まらず、弓の動かし方や音程の取り方など、演奏につなげていく。今まで身体で覚えてきたことの応用。
その根本にあるのは、音楽から何を「感じる」か。
posted by makkida at 00:12| あんなこと こんなこと | 更新情報をチェックする
当サイトの写真の無断転載・無断使用はご遠慮ください。