2021年03月01日

online 弦楽アンサンブルワークショップ《入門編》

定員6名で継続していた弦楽アンサンブルワークショップは、コロナ禍の間、みんなで集って開催することが難しい状況です。そこで、 BELUGAオルガン練習室の協力により、オンライン「入門編」として、ワークショップで最も大事にしている基本的なことをお伝えしました。今回は「倍音」の話です。
音は空気の振動で、耳からだけでなく身体のあちこちの感覚で「聴く」=「感じる」ものだと思っているので、ネットで配信しても伝わらない、と諦めていました。でも、配信事業だと文化庁の助成金を申請できることもあり、この体験も勉強のうちと考え、様々な伝え方を試してみることにしました。動画を作るのは初めてなので、カメラに向かって話すのが慣れない私ですが、もしよろしければご興味おありの方にご覧いただけたら嬉しいです。

富田牧子の弦楽アンサンブルワークショップ〈入門編〉
「倍音から音を取る」
(令和2年度 文化庁・文化芸術活動の継続支援事業)


撮影/録音/編集:木田新一
撮影補佐:Office I
会場:BELUGAオルガン練習室
企画:MA企画
運営:ベルーガ(信木美穂)
posted by makkida at 00:30| レッスン・ワークショップ | 更新情報をチェックする
当サイトの写真の無断転載・無断使用はご遠慮ください。