2021年08月16日

秋のおはなしコンサートのご案内

20211002おはなしコンサートs.jpg
厳しいコロナ禍の2度目の夏、いかがお過ごしでしょうか。感染症拡大に加えて、大雨が続き胸が痛む災害があちこちで起こり、心配の耐えないこの頃です。
6月の「おはなしコンサート」第1回は満席、お陰さまでいいスタートを切ることができました。どうもありがとうございました。皆さまにご興味をお持ちいただくことができて嬉しいです。
また、感染症予防対策にご協力を頂き感謝申し上げます。その後、感染者はなかったことをご報告いたします。
落ち着かない毎日ですが、以前の記事でお知らせしましたチラシはこちら通り、10月2日に第2回を開催いたします。
ボローニャで誕生したチェロという楽器は、ナポリのチェリストたちによって広まり、さらに彼らはパリ、ウィーン、ロンドンなどで活躍し、チェロ音楽や演奏技術を発展させていきます。前回同様、オルガニストの原田靖子さんの共演で、演奏の機会の少ない作品も含めて魅力的なチェロ音楽をご紹介できることを心から楽しみにしております。

このシリーズと関連して、松本近隣在住の若い音楽家たちとアンサンブルワークショップを始めました。通奏低音を私が弾きアドヴァイスしながら、バロック時代に好まれた合奏の形式のトリオ・ソナタを取り上げ、音楽的に対等な独立した各パート(奏者)の互いの対話を楽しみ、和声や響きを味わう、音楽によるコミュニケーションとしての室内楽を目指しています。来年には成果発表としてコンサートを開催できたら、と願っております。
大都市の音楽大学を卒業した後、特に地方都市では、なかなか演奏活動の場を作れず、勉強の機会を持てないのがクラシック音楽界の現状です。頭が柔軟で気力も体力もあり、これから理解を深めていける時期に、実践的に学ぶことができないのは残念です。私たち音楽家にとっては、コンサートを聴いてくださるお客さま、応援してくださる方々のお支えがあってこそ地道で継続的な活動が可能になります。

10月のコンサートへのお越しをお待ちしております。今回は話を少なめにしたプログラムを考えております。
尚、感染者数が減らない状況が続く場合、公演を3月に延期することも視野に入れています。開催できるかどうか9月10日頃までに判断します。延期決定の際はWebサイトで公表し、ご予約頂いた方には直接ご連絡致します。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。時節柄くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

💡ご予約&チケットについて
ご予約はMA企画で受け付けております。
前回同様、コンサート当日に受付での混雑と金銭のやりとりをできるだけ避けるために、チケットをお送りいたします。恐れ入りますが郵送代84円をご負担いただけましたら有り難く存じます。同封する郵便振替の口座に、チケット代金と郵送料を合わせてお振り込みください。
開催可否は9月10日頃までに判断します。チケットは開催決定した段階で発送いたします。
posted by makkida at 21:27| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.