2022年08月13日

秋のバロックチェロ デュオコンサートのご案内

KIMG3394.JPG
残暑お見舞い、そして大雨被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。
生息するだけで精いっぱいという感じの夏です。様々な心配事が尽きない毎日。ロシアによるウクライナ軍事侵攻も終わりが見えず、食料やエネルギーや核の問題も生活に関わる身近なものになっています。
原発をやめて、家やマンションの屋根にソーラーパネルを張れるよう国が全て負担し、自治体で電力を自給自足することは可能ではないのだろうか、と世の中の金儲けの仕組みを知らない人間は思います。最近被害が甚大な大雨を、雪国では大雪をエネルギー源にできないのだろうか・・・。石油、天然ガスや石炭も持続可能な選択ではないですからね。運ぶのにお金がかかるし。同じ地球上で、食べ物がない人や住む家のない人がいて、一方で食べ物が大量に捨てられ、住む人のない家がたくさんある。作ったものを大事にしないだけでなく、戦争によって破壊し続ける。核戦争になったら破滅だとわかっていながら、核によって防衛、という大いなる矛盾。人間の欲は捨てられないから解決しない。そうやって人間は地球を破壊し続けていくのでしょう・・・。のっけから救いのない話で申し訳ないですが。これから地球や人類が継続していくためには、既得権益と関係なく食料やエネルギーを作っていく方法しかないのではないかと思います。
学問もスポーツや芸術も、競争や勝ち負けではなく、そのものを個人が、またはお互いにともに楽しみ、質を高めて中身を追求していくことができれば、誰にとっても不幸を招かないのではないかな。

7月31日に開催したバロックチェロソロの小さなコンサートには、とても気温が高く、コロナ感染が拡大しているにもかかわらず、ご予約いただいた方々皆さま(10分前に集まってくださって!)お越しいただきどうもありがとうございました。日々準備する中で発見があり、本番で弾くたびに毎回気づきがあり。演奏には終着点はありません。特にバロックの音楽の演奏家は、それぞれお互いに学び合い刺激しあいながら活動しています。私はヨーロッパでの最新の研究による演奏活動に直に触れていないので、楽譜や楽器や文献や情報から勉強し、同業者に教えてもらいつつ、自分の認識を少しずつ確認しながら進むほかありません。ほんの小さな気づきが大きな違いとなる、その喜びが表れる音楽をしたくて、聴いてくださる方々とともに音楽に感動したくて、長年自主企画を続けています。その成長過程をずっと聴き続けてくださるお客様に本当に感謝です。

さて、昨年11月末に東京の近江楽堂で共演したバロックチェロの橋弘治氏と、今秋11月19日(土)に長野県安曇野市のあづみ野コンサートホールでデュオコンサートを開催します。
北イタリアでチェロが誕生し、イタリアのチェリストたちがイタリア(当時はもちろん今のイタリアのように統一された国ではなかったけれど)各地、ヨーロッパ主要都市で活躍し、他の国のチェリストたちも含めてパリでどのようにチェロが発展していったか。フランスではルイ14世亡き後、王宮の外で音楽が演奏される機会ができて、市民が芸術を楽しむようになった頃。北イタリアのトリノ出身または当地で活動したチェリスト、その中からフランスのパリに到着して活躍した多くの優れた演奏家あり、パリで楽譜を出版した人あり。
チェロ独奏と通奏低音のための作品や、2つのチェロのための作品を、2つのチェロでお届けします。
中信、松本近隣の皆さま、「おはなしコンサート」がキャンセルになって以来の企画、お待たせいたしました!首都圏の皆さま、東京では開催しませんので、よろしければぜひ秋の安曇野へ!バロックの楽器に向いたキャパシティと響きのホールで、アンサンブルがお楽しみいただけると思います。
お越しいただけましたら幸いです。
MA企画に11月17日までにご予約いただいた方には、一般4500円のところ500円割引いたします。メールまたはお電話にてお申し込みお待ち申し上げております。8月22日にMA企画にてチケット販売開始です。ホールでのチケット販売は9月以降になります、ご了承くださいませ。

橋弘治 富田牧子 バロックチェロ デュオコンサート“イタリア・トリノからフランス・パリへ”
11月19日(土)14:00 開演 (13:30開場)
【場所】あづみ野コンサートホール[長野県安曇野市穂高3987-8]
【料金】一般 4,500円/学生 2,000円[学生券はMA企画のみ販売]
【主催・予約・問合せ】MA企画📩 kikaku_ma☆yahoo.co.jp 恐れ入りますが☆を@にタイプし直してください 。 [メールでのご予約は11/17(木)まで]
☎ 03-6317-8916(ベアータ) MA企画にて8月22日チケット販売開始
【チケット取扱い】あづみ野コンサートホール ☎ 0263-82-6419
【プログラム】
A. M. フィオーレ(ca.1660-1723):シンフォニア 変ロ長調
G. B. ソミス(1686-1763):ソナタ 第2番 イ短調
J. P. ギニョン(1702-1774):ソナタ 第5番 ニ長調 作品2
J. B. バリエール(1688-1748):ソナタ 第4巻 第4番 ト長調
J. B. マス(ca.1700-ca.1757):ソナタ 第4番 ホ短調 作品1
S. ランツェッティ(ca.1710-ca.1780) :ソナタ 第7番 ト長調 作品1
20221119celloduo安曇野-表.jpg
20221119デュオコンサートチラシ表.pdf
20221119celloduo裏_元.jpg
20221119デュオコンサートチラシ裏面.pdf
posted by makkida at 22:49| 17、18世紀のチェロ音楽 | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2022 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.