2024年02月15日

2月24日チェロとコントラバス「ヒストリカルガット弦で愉しむ音楽の対話」

20240107_07S.jpg
photo by S. Kida
年初めに京都で行ったコントラバスの角谷朋紀さんとのデュオコンサートを、今月24日に東京で開催することになりました。その時のご案内記事はこちら(プロモーション動画あり)。
18世紀のガット弦製法を研究、再現し、音楽の理想を追求している角谷氏の作った歴史的なガット弦を張ったバロックの楽器(18世紀に作られた)で演奏します。
2024.2.24 牧子×角谷B5 1-1.jpg
20世紀に入ってからも弦楽器にプレーンガット弦を張って演奏するのは一般的でしたが、第1次大戦で負傷者の手術に使われるガットの糸が大量に必要になったこと、ガット弦メーカーの後継者がだんだん減ってしまい産業が衰退したこと、切れにくく丈夫なスチール弦が代わりに使われるようになりました。18世紀の製法による羊の腸の弦は1900年代半ばまで細々と作られていて、20世紀後半でも、スチール弦の音色に渋い顔をする楽器職人や演奏家はいました(*)。人間の耳は慣らされて行くのでしょう、あっという間にスチール弦の種類が増え、ガットという言葉すら通じなくなり、ガット弦という名のナイロン弦も当たり前になりました。
1800年代のロマン派シューベルト、シューマンは歴史的奏法で頻繁に演奏されていますが、ブラームス、フォーレ、ラヴェルなどもガット弦(歴史的なピアノと、場合によってはエンドピンなしで)で演奏されると音色も素晴らしく、音楽表現の新たな発見があるでしょうね。1915年に書かれたコダーイの無伴奏チェロソナタをプレーンガット弦で弾くのは「ピリオド奏法」とも言えるわけですね。
4月のソロリサイタルでは、モダンとバロック(両方とも18世紀の楽器)にヒストリカル・ガット弦を張って演奏します。
多くのバロックチェロ奏者は自分の楽器に、4本の弦のうち上(高音)2本をプレーン(裸)ガット、下(低音)2本をスチール巻きガット弦を張っています。私もそうでしたが、先月のコンサートから、上3本をプレーンガット弦にしました。1700年後半までは、つまりバロック時代はそのようなセッティングが一般的だったのです。
音楽や楽器の様式は、その年から急に全て変わるということはなく、ハイドンやモーツァルトの時代にも膨らみのあるバロック弓を使っていた人もいたように、弦も徐々に移り変わっていったのでしょう。
研究者による解明と一緒に、想像力を働かせながら演奏する楽しさ。「正しさ」だけでなく、その時々に腑に落ちること、身体で感じ判断できる感覚を持ち続けることが大切だと痛感します。
AIや最新技術が、戦争という無差別に犠牲者を生む破壊的行為に繋がる、私たちが避けて通れない問題を抱える今・・・。

今回のコンサートでは、貴重な最新ヒストリカルガット弦による古典派〜初期ロマン派の作品の演奏だけでなく、ガット弦について角谷氏のお話が聴くことができます。
よろしければ、ぜひお越しください!お待ちしております。
20240107_10S.jpg
photo by S. Kida
2024年2月24日(土)
BEATAコンサートシリーズ 58
ヒストリカル・ガット弦で愉しむ 音楽の対話
富田牧子(チェロ)角谷朋紀(コントラバス)デュオ

2回公演
【時間】@14:00 /A17:00
【場所】BEATAオルガン練習室
【プログラム】
W.A.モーツァルト(1756-1791):ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調
KV 292(196c)
L.ボッケリーニ(1743-1805):チェロと通奏低音のためのソナタ 変ロ長調 G 565
G.ロッシーニ(1792-1863):チェロとコントラバスのためのデュエット ニ長調 
角谷氏によるガット弦のお話
【料金】各回20席限定 要予約 4,000円
【主催/予約】BEATA(ベアータ) ☎︎03-6317-8916
 e-mail: beata@ab.auone-net.jp

参照書籍(*)ダニエラ・ガイダーノ著「ヴァイオリン属ガット弦の変遷」
posted by makkida at 11:30| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2024年01月27日

1月30日ヴァイオリンとチェロで弾くJ.S.バッハの鍵盤作品コンサートプログラム

1月30日(火)東京・江戸川橋のBEATAオルガン練習室にて、バロックヴァイオリンの廣海史帆さんとデュオコンサート。
2回公演の14:00の回はおかげさまで満席になりましたが、19:00の回はお席の余裕があります。

バッハが生徒や息子たちにレッスン教材として書いたインヴェンションやプレリュード、フゲッタなどの鍵盤作品は、様々な着想による作曲法が試され、短い一曲一曲にアイデアが凝縮された音楽です。そこから展開して、オルガンのための4つのデュエット、最後にヴァイオリンと通奏低音のためのフーガ。
昨年の秋にオルガンを学ぶ方々を対象にインヴェンションのグループレッスン(受講者と私で一声部ずつ弾いてアンサンブルをする)をしましたが、文字通り「発想・着想」の多様さに夢中になり、様々な音形のしゃべり方、和声とアーティキュレーションの結びつきなど、発見がたくさんありました。バッハの鍵盤作品からは本当に多くを学ぶことができます。
充実のプログラムで皆さまのお越しをお待ちしております!

2024年1月30日(火)2回公演
要予約4000円
ご予約:ベアータ03-6317-8916
beata@ab.auone-net.jp
2024.1.30 史帆×牧子ちらし.jpg
💡チラシpdfはこちら

【プログラム】

プレリュード 第6番 ホ短調 BWV 938(W. F. バッハのためのクラヴィーア小曲集から)

フーガ 第10番 ホ短調 BWV 855(平均律クラヴィーア曲集 第1巻より)

インヴェンション 第6番 ホ長調 BWV 777

インヴェンション 第12番 イ長調 BWV 783

インヴェンション 第3番 ニ長調 BWV 774

インヴェンション 第14番 変ロ長調 BWV 785

インヴェンション 第9番 へ短調 BWV 780

インヴェンション 第1番 ハ長調 BWV 772

〜休憩〜

2声の無限カノン BWV 1075

『音楽の捧げもの』より 2声の蟹行カノン BWV 1079

4つのデュエット
 第1曲 ホ短調 BWV 802
 第2曲 へ長調 BWV 803
 第3曲 ト長調 BWV 804
 第4曲 イ短調 BWV 805

ヴァイオリンと通奏低音のためのフーガ ト短調 BWV 1026
posted by makkida at 22:01| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2024年01月01日

2024年初めのご挨拶

◆20240107富田牧子&角谷朋紀DUOコンサート フライヤー.jpg
新しい年が明けました。皆さま、ご無事でお過ごしでしょうか?
元旦早々、大きな地震に驚きました。北陸にお住いの方、正月休みに移動した先で被害に遭われた方、さぞ寒く不安な夜をお過ごしになられていることと心痛みます。
日々の様々な心配事や、世界の戦争、地球環境、政治や社会の問題など、年を越しても消えることはありません。
どうか、地球のどこにいても、無事で、心身が自由で、自然の中で音楽とともにいられますように。

さて、年明け初のコンサートは、コントラバスの角谷朋紀さんとのデュオで、京都のアイガットサロン にて演奏いたします。
歴史的な考察と検証、そして演奏家として理想の音を探求し、更新しながらガット弦を製作されている角谷氏。前回のご案内記事でも紹介しましたが、弦と弓とのコンタクトが明確なのはもちろん、バロックでもモダンでも、彼のガット弦を張ると楽器が鳴り方が変わります。楽器の詰まりが取れて開いたような感覚で、他の弦との共鳴が素晴らしいのです。バロックに限らず、ロマン派の詩的な表現、民俗音楽に基づくコダーイなど、音楽表現の幅の広がり、深めることができそうな予感がします。4月のソロリサイタルでは、バロックとモダンのスタイルの両方の楽器に角谷氏の歴史的な製法の弦を張って演奏する予定です。準備の今から楽しみです。

今回のデュオコンサートでは二人ともバロックの楽器を使います。リハーサルでは、音や表現について熱く話し合うことができ、演奏するたびに発見があり、とても楽しい音楽のコミュニケーションができています。
角谷氏の楽器は1700年代前半ウィーンスタイルに調整されています。世界中のバロックのベース奏者でも、オールドの楽器にヒストリカルガット弦を張ったバロック調整のコントラバスを使っている演奏家は稀有な存在だと思われます。
一緒に奏でると、和音のバランスが絶妙で、楽器が気持ちの良く共鳴します。
皆さまにきっと楽しんでご満足いただけるアンサンブルになるとワクワクしております。
お近くの方、ぜひお越しください!お待ちしております。

💡コンサートのPR動画です(ロッシーニのデュエットの冒頭)


2月末には東京で小さなコンサートを予定しております。こちらも追ってご案内申し上げます。
IMG_2148.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2024年1月7日(日)
アイガットサロン コンサート
富田牧子(チェロ)×角谷朋紀(コントラバス)デュオ&角谷氏によるガット弦のお話
2回公演
【時間】14:00 (13:30開場)/18:00 (17:30開場)
【場所】アイガットサロン[京都市北区小山北上総町40-2 3F]
【プログラム】
W.A.モーツァルト:ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調
KV 292(196c)
L.ボッケリーニ:チェロと通奏低音のためのソナタ 変ロ長調 G 565
G.ロッシーニ:チェロとコントラバスのためのデュエット ニ長調 
【料金】一般3,900円/学生3,000円
【予約】アイガットサロン kishida@kyoto-advisory.co.jp 電話090-7359-4585
【主催】京都音楽芸術アドバイザリー
💡申し込みページはこちら
💡チラシはこちらからご覧いただけます
20240107富田牧子&角谷朋紀DUOコンサート フライヤー.pdf20240107富田牧子&角谷朋紀DUOコンサート フライヤー裏面.pdf

posted by makkida at 22:17| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2023年12月08日

1月7日チェロとコントラバスのデュオコンサート

◆20240107富田牧子&角谷朋紀DUOコンサート フライヤー.jpg
今日12月8日は歴史を思い起こす日ですね。現在、同じ地球上で戦争が止まないのが痛ましい。爆撃の下で命からがら逃げ惑う人々、家族友人や衣食住を失った人々に、早く平穏な日々が来ますように!

年明け1月に予定しているチェロとコントラバスのコンサートのご案内です。
2024年1月7日(日)京都のアイガットサロンにて、コントラバスの角谷朋紀さんとデュオコンサートを開きます。
歴史的な楽器や奏法でコントラバスやヴィオローネを演奏し続けている角谷氏。ヨーロッパ各地のバロックオーケストラの中で演奏する経験を生かし、帰国後、オーケストラやアンサンブルで素晴らしいバスの音色を添え、音楽を支えてくれています。
角谷氏は文献を読み、研究しながら、彼が理想とする音を求めて、実際に歴史的なガット弦の製作をしています。まさに手作り。
私はこの弦を使うようになって、バロック音楽の「言葉を喋る」の意味、言葉のような発音やアーティキュレーションの具体的なイメージを持てるようになりました。この弦から多くを学び、助けられています。
1月のコンサートでは、その貴重なガット弦を二人の楽器に張って演奏する予定です。

1770年代のモーツァルト(1756-1791)のチェロとファゴットのための二重奏。ボッケリーニ(1743-1805)の技巧的なチェロソナタ。モーツァルトが亡くなった翌年に生まれたロッシーニ(1792-1868)のデュエット、チェロとコントラバスの二重奏と言えば、この曲。
1800年前後の、それぞれ個性のはっきりした聴き応えのあるプログラムだと思います。
最近はバロックの音楽が多かったので、古典派からロマン派に移行する時期は久しぶり。それぞれ形の違う弓を使うつもりです。

それから、この企画の目玉は、角谷氏によるガット弦の貴重なお話つき。
豪華盛り合わせパフェのような(演奏者としてはデザートでなくディナーですね)内容で、みなさまのお越しをお待ちしております!

音楽愛好家でいらっしゃるアイガットサロン のオーナーさんは、ガット弦をお好みで、ジャズのベーシストでもあります。私はこのサロンのシリーズに出演3回目になりますが、素敵なバロック演奏家との共演プログラムをプレゼントできることが嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2024年1月7日(日)
アイガットサロン コンサート
富田牧子(チェロ)×角谷朋紀(コントラバス)デュオ&角谷氏によるガット弦のお話
2回公演
【時間】14:00 (13:30開場)/18:00 (17:30開場)
【場所】アイガットサロン[京都市北区小山北上総町40-2 3F]
【プログラム】
W.A.モーツァルト:ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調
KV 292(196c)
L.ボッケリーニ:チェロと通奏低音のためのソナタ 変ロ長調 G 565
G.ロッシーニ:チェロとコントラバスのためのデュエット ニ長調 
【料金】一般3,900円/学生3,000円
【予約】アイガットサロン kishida@kyoto-advisory.co.jp 電話090-7359-4585
【主催】京都音楽芸術アドバイザリー
💡申し込みページはこちら
💡チラシはこちらからご覧いただけます
チラシ.pdf表
チラシ裏面.pdf
posted by makkida at 22:50| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2023年09月27日

秋のコンサートのご案内(飯田、京都、横浜)

猛暑が長く続いた夏も終わり、やっと秋の気配を空気に感じるようになりました。
秋のコンサートのご案内を申し上げます。

今年のプロジェクト「平和への祈りコンサート」、飯田市の竜丘キリスト伝道館(10月の創立記念以降は「竜丘キリスト教会」と改称されるそうです)の牧師、田添禧雄先生からお声がけをいただき、教会の創立99周年記念のコンサートに出演することになりました。畳の会堂で吸音してしまうのでは、と思いきや不思議と弾きやすいのです。お近くの方や、連休に飯田方面にお出かけの方、ぜひ!
音楽を愛する田添先生、その引退を記念するコンサートにもなります。
「平和への祈りコンサート」のプログラム、今回はヒルデガルト、コラールの編曲、J.S.バッハの無伴奏組曲、民謡の編曲に加えて、パブロ・エスカンデ氏の「White Horse's Fiddle白い馬のフィドル」も演奏します。
2023年10月9日(月祝)
竜丘キリスト伝道館 創立99周年記念 
富田牧子チェロコンサート《平和への祈り》

【時間】14:00開演
【場所/主催】竜丘キリスト伝道館(長野県飯田市長野原166)
20231009竜丘コンサート.jpg
💡チラシはこちら.pdf


関西バロックでご一緒しているバロックヴァイオリンの大内山薫さんと初のデュオ。バッハのインヴェンションをヴァイオリンとチェロで、そしてバッハがそれを書くためにインスピレーションを受けたというボンポルティのインヴェンツィオーネ。ヴァイオリン奏者なら外せないイタリアのコレッリのソナタ、J.S.バッハのヴァイオリンと通奏低音のための素晴らしいソナタ。バロックヴァイオリン奏者として多くの同業者から信頼を寄せられ、ユニークでチャーミングな人柄で愛されている彼女との共演、楽しみです!
2023年11月11日(土)
アイガットサロン コンサート
大内山薫(バロックヴァイオリン)×富田牧子(バロックチェロ) デュオコンサート ”インヴェンション”

2回公演 各回定員15名
【時間】14:00 (13:30開場)/17:00 (16:30開場)
【場所】アイガットサロン[京都市北区小山北上総町40-2 3F]
【プログラム】
コレッリ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ第7番作品5
ボンポルティ:インヴェンツィオーニより
J.S. バッハ:インヴェンションより
J.S. バッハ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ BWV 1021
【料金】一般3,900円/学生3,000円
【予約】アイガットサロンkishida@kyoto-advisory.co.jp
090-7359-4585
💡Web申し込みページはこちら
【主催】京都音楽芸術アドバイザリー
◆20231111大内山薫&富田牧子DUOコンサート フライヤー.jpg
💡チラシ表.pdf
チラシ裏面.pdf


横浜・関内のBELUGAオルガン練習室にて「おはなしコンサート」のご案内です。
今回はバロックチェロで弾く、J.S.バッハ・プログラム。無伴奏チェロ組曲第1番と第3番。そしてコラール(ドイツ語による讃美歌)から。
天におられる私たちの父よVater unser im Himmelreich〜第4節の歌詞を使ったヨハネ受難曲の第5曲「あなたの御心がなされますようにDein Will gescheh, Herr Gott」、BWV126からコラール「恵みもて我らに平和を賜らんことを(恵み深く我らに平和をお与えください)Verleih uns Frieden gnadiglich」、受難曲からのコラール「いつの日かわれ去りゆくときWenn ich einmal soll scheiden」・・・これはJ.S.バッハの所蔵楽譜にあったカイザー伝のマルコ受難曲と、J.S.バッハのマタイ受難曲から、イエスが十字架上で生き絶えた直後のコラール。3つを取り上げてみたいと思います。
それから、リュートのための前奏曲BWV999のハ短調。
ヒストリカルな製法でのガット弦を張ったチェロの響きを味わっていただけたら幸いです。
アットホームな空間で10名という限られたお客様と音楽を味わえる場にできたらと思います。
久しぶりに首都圏でのコンサート。お近くの方ぜひお越しください!
2023年11月23日(木祝)
おはなしコンサート@BELUGA「J.S.バッハ〜無伴奏チェロ組曲とコラール」

2回公演 各回定員10名
【時間】11:00/14:00
【料金】完全予約制(お茶付き)
一般4,000円/高校生大学生2,000円/中学生以下1,000円
未就学児無料(1席ご用意有ます)
【場所/主催/予約/問合せ】BELUGA(ベルーガ)オルガン練習室(横浜市中区常盤町3-34 和風ビル2F)belugaorgan@icloud.com 電話 045-662-5536 (10-20時/不定休)
2023牧子11月コンサート@beluga修正1-2.jpg
💡チラシ.pdfはこちら!
posted by makkida at 14:00| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2023年04月09日

復活節のカンタータ

IMG_20230405_103224.jpg
キリスト教でイースター、復活日(復活節第一主日)。
この日のためのJ.S.バッハのカンタータはBWV 4「キリストは死の縄目につながれたり」。マルティン・ルターが作った復活節のためのコラールの全部の節を使って作曲されたカンタータです。題名からもお分かりのように、あらためて復活の前の受難の意味を確認し、死を通って復活に至る、そして新たにされた命を(そのすべてを導く主を)賛美する内容です。
バッハはこれから起こることを印象付ける序奏のようなシンフォニアで始め、続く7つの楽章はそれぞれコラールの1節から7節の歌詞に基づいて作曲し、このコラール旋律(定旋律/カントゥス・フィルムス)を曲ごとに声部を替えて歌わせ、それぞれの曲は変奏曲となっています。歌詞に何度も「死」という言葉が使われていること、曲の初めから半音と緊張感のある和声、半音下降音階が効果的に使われているのや、落ち着いたテンポ感であることを見ても、復活に受難を前提とする、すなわち死を重要視していることがわかります。
初演のときの福音書はマルコによる福音書の第16章1〜8節。安息日が終わって女性たちがイエスが葬られた墓を見に行ったときの反応、体験話は生々しいですね。
5月19日と20日に神戸と京都で開催予定のKANSAI BAROQUE公演で、この曲とヘンデルのDixit Dominus「主は言われた」などを演奏します。
これから楽譜をよく読みながら練習して、歌詞と音楽の結びつきを発見してゆくのが楽しみです。

コンサート詳細はこちらkANSAI BAROQUEのサイトをご覧ください。
2023年5月19日(金)18:30開演
日本基督教団 神戸聖愛教会( 兵庫県神戸市中央区生田町1丁目1−27)
2023年5月20日(土)14:00開演
京都府立府民ホール アルティ(京都府京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590−1)

プログラム
Vivaldi :String concerto G minor RV157(弦楽のためのコンチェルト ト短調RV157)/J.Christoph Bach:Fürchte dich nicht(おそれるな)/C.P.E.Bach:Sinfonia E minor Wq.178(シンフォニア ホ短調 Wq.178)/J.S.Bach:Cantata BWV4 "Christ lag in Todes Banden"カンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」/Handel:Dixit Dominus HWV232「主は言われた」
posted by makkida at 00:00| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2022年12月09日

19世紀のチェロ音楽

KIMG3614.JPG
今年2022年はバロックの楽器を使った本番がメインだったので、2023年はモダン楽器(と言ってもこちらの方がオールドで音色もキャパシティーも豊かな楽器)で19世紀以降の音楽をやっていきたい。こちらの楽器にもプレーンガット弦を張っているため、なかなか大きなモダンピアノと大きなホールで演奏する気持ちになれないが、ヒストリカルピアノとのデュオの実現を目指して。
土台づくりとしてショパン、そして彼と親しかったチェリスト、オーギュスト・フランショームの作品を勉強してみる。ありがたいことに、この時代だとかなり楽譜は手に入りやすいし、研究は進んでいる。近々本番はなくても、勉強を進めていけば、ピアニストと何かプログラムを組んでやってみる機会は現れるだろうと期待!
ピアニストとヒストリカルピアノでシューマンやブラームスの作品もできるよう、来年の一歩が繋がっていけばいいな!
フォーレまではぜひ。
もちろん、ベートーヴェンもね。
やはりフランス革命以降に熱い気持ちが向くのだ。

今朝、信濃町では雪。しなの鉄道に乗って長野まで行く途中、町を出たら雪も雨もなく空は明るくなって、長野駅では晴れ。松本ではよく晴れた1日だった。。。
posted by makkida at 00:31| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2021年08月16日

秋のおはなしコンサートのご案内

20211002おはなしコンサートs.jpg
厳しいコロナ禍の2度目の夏、いかがお過ごしでしょうか。感染症拡大に加えて、大雨が続き胸が痛む災害があちこちで起こり、心配の耐えないこの頃です。
6月の「おはなしコンサート」第1回は満席、お陰さまでいいスタートを切ることができました。どうもありがとうございました。皆さまにご興味をお持ちいただくことができて嬉しいです。
また、感染症予防対策にご協力を頂き感謝申し上げます。その後、感染者はなかったことをご報告いたします。
落ち着かない毎日ですが、以前の記事でお知らせしましたチラシはこちら通り、10月2日に第2回を開催いたします。
ボローニャで誕生したチェロという楽器は、ナポリのチェリストたちによって広まり、さらに彼らはパリ、ウィーン、ロンドンなどで活躍し、チェロ音楽や演奏技術を発展させていきます。前回同様、オルガニストの原田靖子さんの共演で、演奏の機会の少ない作品も含めて魅力的なチェロ音楽をご紹介できることを心から楽しみにしております。

このシリーズと関連して、松本近隣在住の若い音楽家たちとアンサンブルワークショップを始めました。通奏低音を私が弾きアドヴァイスしながら、バロック時代に好まれた合奏の形式のトリオ・ソナタを取り上げ、音楽的に対等な独立した各パート(奏者)の互いの対話を楽しみ、和声や響きを味わう、音楽によるコミュニケーションとしての室内楽を目指しています。来年には成果発表としてコンサートを開催できたら、と願っております。
大都市の音楽大学を卒業した後、特に地方都市では、なかなか演奏活動の場を作れず、勉強の機会を持てないのがクラシック音楽界の現状です。頭が柔軟で気力も体力もあり、これから理解を深めていける時期に、実践的に学ぶことができないのは残念です。私たち音楽家にとっては、コンサートを聴いてくださるお客さま、応援してくださる方々のお支えがあってこそ地道で継続的な活動が可能になります。

10月のコンサートへのお越しをお待ちしております。今回は話を少なめにしたプログラムを考えております。
尚、感染者数が減らない状況が続く場合、公演を3月に延期することも視野に入れています。開催できるかどうか9月10日頃までに判断します。延期決定の際はWebサイトで公表し、ご予約頂いた方には直接ご連絡致します。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。時節柄くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

💡ご予約&チケットについて
ご予約はMA企画で受け付けております。
前回同様、コンサート当日に受付での混雑と金銭のやりとりをできるだけ避けるために、チケットをお送りいたします。恐れ入りますが郵送代84円をご負担いただけましたら有り難く存じます。同封する郵便振替の口座に、チケット代金と郵送料を合わせてお振り込みください。
開催可否は9月10日頃までに判断します。チケットは開催決定した段階で発送いたします。
posted by makkida at 21:27| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

10月2日 第2回おはなしコンサート@松本

KIMG0471.JPG
この公演は延期になりました詳細はこちら。
おはなしコンサート“イタリア!イタリア!”その2
17、18世紀バロック時代のチェロ作品〜ローマ、ナポリ

共演:ポジティフオルガン 原田靖子(松本市音楽文化ホールオルガニスト)

6月に松本で始めた、チェロを通して西洋音楽の歴史を辿る「おはなしコンサート」。
シリーズ第2回は舞台を南に移し、ローマとナポリを中心に活躍した音楽家を取り上げます。ボローニャで誕生したチェロという楽器は、ナポリのチェリストたちによって広まりました。ナポリから彼らはパリやウィーン、ロンドンで活動を発展させ、チェロ音楽作品や演奏技術を確立させていきます。
ローマでオルガン奏者として活躍したG.フレスコバルディ、オペラの発展に貢献したA.スカルラッティ、彼と共演したチェロの名手F.アルボレアなどの作品を、バロック時代の様式のチェロと弓を用いて、ポジティフオルガン(合奏用の小さなパイプオルガン)と一緒に演奏します。合わせて、16世紀にローマで出版されたD.オルティスの「変奏論」から旋律の装飾法の一例をご紹介します。
1時間ではお伝えしきれませんが、なかなか演奏されない作品も含めて、新たな出会いができるような時を作りたいと願っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

曲目(予定)
ディエゴ・オルティス (c.1510-c.1571):マドリガル「おお幸福な私の目よ」によるレセルカーダより
ジロラモ・フレスコバルディ(1583-1643):バスのためのカンツォーナより「トロンボンチーナ」
アレッサンドロ・スカルラッティ (1660-1725):チェロと通奏低音のためのソナタ ニ短調
ジュリオ・ルーヴォ(17〜18世紀の間):ロマネッラ、タランテラ
フランチェスコ・アルボレア[フランチスケッロ](1691-1739):チェロと通奏低音のためのソナタ ニ長調

2021年10月2日(土) 3回公演(70分プログラム。途中休憩あり)
11:00開演/ 13:15開演/ 15:15開演 [開場は各回15分前]
松本市音楽文化ホール 第3練習室 [ホール裏手、事務室の方へお回りください] 大糸線島内駅下車
各回定員20名 要予約
チケット:一般2500円/小中学生500円/高校大学生1000円 未就学児無料(各回2名まで)
主催・予約・問合せ:MA(エムエー)企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp ☆を@にタイプし直してください(メールでのお問い合わせは9月30日まで)

💡このコンサートご挨拶の記事はこちら🆕
💡チラシpdfはこちらからご覧いただけます
20211002おはなしコンサートs.jpg
posted by makkida at 23:11| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

6月5日おはなしコンサート@松本

D62_1991.jpgPhoto by Shinichi Kida

おはなしコンサート “イタリア!イタリア!” その1
17、18 世紀バロック時代の音楽 〜独奏チェロの始まり

共演:ポジティフオルガン 原田靖子(松本市音楽文化ホールオルガニスト)

チェロという楽器を通して西洋音楽の歴史を辿る、おはなしコンサート。松本市でスタートします!
第1回はこの楽器が 生まれた頃の北イタリアの作品を中心にお届けします。音楽の土台となるバス(低音)パートの役 割から新たな音楽表現へ、演奏技術の探求が始まるチェロの黎明期。前身である大型低音弦楽器 のための G.フレスコバルディや G.B.ヴィターリ、独奏楽器としての先駆者 D.ガブリエッリなど ボローニャのチェロ奏者たちの作品を、バロック時代の様式のチェロと弓を用いて、ポジティフ オルガン(合奏用の小さなパイプオルガン)と一緒に演奏します。
今後開催予定の参加型ワークショップ(楽器を演奏される方とご一緒にバッソオスティナ ートや様々な舞曲でアンサンブルをします)の導入編でもあります。
今回は、現代の調弦(C-G-D-A)ではなく、当時使われていた色々な調弦から選んで、前半と後半で違う調弦で演奏します。
どうぞお楽しみに!

曲目(予定)
ジロラモ・フレスコバルディ(1583-1643):バスのためのカンツォンより
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ(1632-1692):チャコーナ
ドメニコ・ガブリエッリ (1651-1690):リチェルカーレ、ソナタ
ドメニコ・ガッリ(1649-1697):「音楽の愉しみ」より

2021年6月5日(土) 3回公演 (70分プログラム。途中休憩あり)
11:00開演/13:15開演/15:15開演 [開場は各回15分前]
場所:松本市音楽文化ホール 第3練習室
各回定員15名 要予約 好評発売中!
チケット:一般2500円/小中学生500円/高校大学生1000円 未就学児無料(5名まで)
主催・予約・問合せ:MA(エムエー)企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp ☆を@にタイプし直してください。メール予約は前日8時まで。
💡お申込み時にチケット郵送先を合わせてお知らせください。代金振込先を同封の上チケットをお送りいたします。
💡チラシ.pdfはこちらからご覧いただけます
20210605おはなしコンサートs.jpeg

第2回おはなしコンサート “イタリア!イタリア!” は10月2日(土)です。
posted by makkida at 23:36| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

チェロとオルガンのデュオコンサート終了

11日のチェロとオルガンのデュオコンサートはおかげさまで無事終了いたしました。ご来場いただいた方々、お世話になった方々、どうもありがとうございました!
主に松本近隣のお客様に向けて、松本市音楽文化ホールで活躍する原田靖子さんとの第一回の自主公演がいいスタートを切れたことに喜びを感じています。いろいろな意味で、関わってくださった全ての人に強く印象を残すコンサートになったと思います。
大ホールでの自主企画に必要な準備に加え、この感染症流行の真っ只中での開催のために対策を工夫し、演奏以外に多大なエネルギーを要しました。決められた日時にお客様に演奏会にお越しいただき、音楽を味わっていただく、という原点に立ち返りました。演奏に関わる全てのことに気を配り、自分たちにできないことは信頼するスタッフにお願いして、大事な点をみんなで共有すること。演奏家にとっては、音楽に集中するために大事なことです。
チケットをご購入いただいた方の中には、この状況でのご来場を断念された方もいらっしゃいました。事前にキャンセルのご連絡をいただきましたが、今回は返金という形を取れず、大変申し訳ございません。そのようなお客様には当日配布したプログラムをお送りいたしますので、ご一報いただけましたら幸いです。そして、もしよろしければ、近い将来になんらかの形で企画するコンサートにぜひお越しいただけましたら嬉しく存じます。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
音楽的内容に関しては全力を尽くしましたが、伝わるには時間を要することを感じました。例えば、楽器と音楽作品の時代背景について様々な視点から取り上げる「おはなしコンサート」など、長野県での今後の活動に結びつけられると思います。早くパンデミックが収まって実現できるよう願います!
自由な活動ができるまで、どうぞ皆様、お身体にはくれぐれもお気をつけて、ご無事でお過ごしください。

当日のプログラム.pdfです。

第1部 〜バロックチェロとポジティフオルガンで聴くJ.S.バッハ〜

J.S.バッハ:アリオーソ[カンタータ156番『わが片足すでに墓穴に入りぬ』より シンフォニア]
J.S.Bach (1685-1750) : Arioso [Sinfonia from “Ich steh mit einem Fuß im Grabe” BWV 156]

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV 1007
J.S.Bach : Suite for Cello Solo No.1 in G major BWV 1007

J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとオブリガートチェンバロのためのソナタ 第3番 ト短調 BWV 1029
J.S.Bach : Sonata for Viola da Gamba and Obbligato Harpsichord No.3 in G minor BWV 1029

***休憩***

第2部 〜モダンチェロと大オルガンで聴く19、20世紀の音楽〜

J. ラインベルガー:6つの小品 Op.150 より「夕べの歌」「パストラーレ」
J.Rheinberger (1839-1901): “Abendlied” “Pastorale” from Six Pieces for Violin and Organ Op.150

C. フランク:大オルガンのための6つの作品 Op.18 より「前奏曲、フーガと変奏曲」
C.Franck (1822-1890): Prélude, Fugue et Variation from Six Pieces for Organ Op.18

G. カサド:トッカータ(G.フレスコバルディの様式による)
G.Cassado (1897-1966): Toccata in the Style of G.Frescobaldi for Cello and Piano
posted by makkida at 10:33| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

1月11日のコンサートは予定通り開催します

KIMG2330.JPG
1月11日(月祝)松本市音楽文化ホールでの「富田牧子・原田靖子デュオコンサート」は、予定通り開催いたします。
新型コロナウイルスが急速に拡大しているため、長野県独自の警戒レベル(6段階)を松本市では5に引き上げられました。ですが、イベント中止の要請は出されておりません。
感染症流行の中で今回のコンサートを開催するにあたって、感染症予防対策を慎重に検討し、できる限りの準備しております。
ホール入り口では検温チェックをいたします。マスクの着用、手指のアルコール消毒(手洗い)をお願いいたします。
客席数は定員の3分の1以下の200席に設定しており、お席をお選びの際には、他のお客様と十分距離を取ってお座り頂くようお願いいたします。
公演中も空調を回し、休憩中は換気をします。
会場内でのお客様同士の会話は控えめにお願いいたします。
出口での密集を避けるため、お席から近い扉から分散してお帰り頂くようお願いいたします。
公演終了後は、誠に申し訳ございませんが、お客様との密な状態を避けるため、演奏者のロビーでのご挨拶(お見送り)を控えさせていただきます。
心配されている方も多いと思いますが、ご来場に関しては、お客様それぞれがご判断いただけましたら幸いです。

あとは公的機関の中止要請かホールの休館にならない限り、主催者としては(経済的な面からも)開催以外の選択はないことをご理解ください。

どうぞ、皆様ご無事でお集まりいただき、いい時間を過ごすことができますよう願っております。
よろしくお願い申し上げます。
maki+yasu210111fryer-S-omote.jpgmaki+yasu210111fryer-S-ura.jpg
posted by makkida at 10:24| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

クリスマスの音楽

20201225Yoshikawa_05.jpg
25日は松本市の芳川児童センターにて、原田靖子さんの弾くリードオルガンと一緒にクリスマスコンサートをしました。感染予防に気を遣いながらの児童館の活動は職員のみなさんもご苦労が多いでしょうけれど、こどもたちは元気いっぱい。顔半分はマスクで隠れていますが、目をキラキラ輝かせて聴いてくれました。感受性が豊かで、柔軟な反応でした。静かに聴く人もあれば、身体動かしながら、お友だちの肩に手を乗せたりする人も。お互いの距離を気にしなくていいなら、きっと、もっと楽しい聴き方もできたでしょうね。ちょとした不自由ななかでも、小さな人たちは思いっきり楽しんでいるのがいいですね。演奏が終わった後に、楽器のことを興味津々に尋ねてくる子もいました。
あちこちでこどもたちのためのコンサートができたら嬉しいですね!
曲目は、
エルガー「愛の挨拶」、ジングルベル、荒れ野のはてに、もろびとこぞりて、サンタが街にやってくる、もみの木、おおベツレヘムよ、きよしこの夜、赤鼻のトナカイ、サン=サーンス「白鳥」、アンダーソン「そりすべり」
20201225Yoshikawa_18.jpg20201225Yoshikawa_06.jpg
photo by Shinichi Kida

その前の日曜日は、教会でクリスマス礼拝。オルガン奏楽者と一緒に礼拝の中で奏楽をしました。
クリスマスの時期の音楽は素晴らしい!このための演奏ができるのは心が喜びで満たされます。
アドヴェントやクリスマスの時期に歌われる有名な賛美歌はたくさんあります。歌や合唱だけでなく、オルガン曲にも素敵な作品がたくさんあるのです。カトリックは音楽(歌)とともにミサが執り行われるので、当然密接な関係があります。プロテスタントの教会でも教会暦に沿ったコラールがあり、教会に勤めていたオルガニストや作曲家たちはそのコラールに基づく音楽作品を書いたのでした。
日本の教会でも、礼拝の奏楽で、その日に選ばれた聖句と説教(メッセージ)の内容にあった賛美歌や音楽(前奏・後奏)が、専門性を持った視点から選曲され演奏される機会が増えることを願います。
クラシック音楽を学ぶ人、演奏家たちにとっても、バッハのオルガン曲を弾くときに、コラールの歌詞の内容を理解せずに演奏することはできないでしょう。礼拝のための音楽を、キリスト教を抜きに演奏できない。同時に、礼拝の中での音楽の存在にも意味があります。
賛美歌の伴奏も簡単ではありません。それぞれの歌詞の歌い方、ブレスの取り方、会衆と呼吸し、導く伴奏の演奏・・・伴奏はピアノが弾ける人なら誰でも弾けるわけではないのです。
生涯、学びの場はありますね。


posted by makkida at 22:32| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

御礼12月13日コンサート無事終了

2018Munich_shin_D62_1201のs.jpg
富田牧子 チェロコンサート“ガット(羊腸)弦の魅力”〜ミエザホール・シリーズ その1
ギタリスト 塩谷牧子を迎えて

コロナ禍のなか、感染症予防対策のための準備を十分にして迎えたコンサートは、お客さまも演奏者もスタッフも元気に集まって無事終了いたしました。みなさま、どうもありがとうございました。
このデュオの久しぶりのコンサートを、温かなお客様の見守りのなか、新たな出発点に立てたことを嬉しく思います。デュオの音楽作りは、モダンとピリオド奏法を超えて、また会場の響きなどの難しさに対応していけるよう、これから試行錯誤しながら続けていくことで音楽そのものを皆様に楽しんでいただけるよう願っています。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

演奏者はマスクを外して演奏するため、トークは無しで進行しました。皆さまには曲の簡単な紹介をお配りしました。
以下、当日のプログラムと、曲目紹介です。

真心もて、おお人の子らよ
Mit Ernst, O Menschenkinder

J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV 1007
J.S.Bach (1685-1750): Suite a Violoncello solo senza basso n.1 in sol maggiore BWV 1007
前奏曲/アルマンド/クーラント/ サラバンド/メヌエット I, II/ジーグ

J.S.バッハ: われ汝に呼ばわる 主イエスキリストよ BWV 639
J.S.Bach: Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ BWV 639

J.S.バッハ: カンタータ「神の時こそいとよき時」BWV 106 よりソナティナ
J.S.Bach: Cantata “Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit” BWV 106 - Sonatina

~ 休憩10分 ~

フェルナンド・ソル:宗教的な祈りの楽章
Fernando Sor (1778-1839): Mouvement de prière religieuse

フランツ・シューベルト:『冬の旅』より「おやすみ」
Franz Schubert (1797-1828): Gute Nacht aus “Die Winterreise” D 911 op.89 Nr.1

F.シューベルト:アルペッジョーネ ・ソナタ
F.Schubert: Sonate für Arpeggione und Klavier D821 I. Allegro moderato / II. Adagio / III. Allegretto

💡プログラムはこちらからご覧いただけます。

20201213makimakko表s.jpg
posted by makkida at 23:00| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

12月13日 チェロとギターのデュオコンサート

2018Munich_shin_D62_1201のs.jpgPhoto: S.Kida
塩谷牧子さんとの久々のアルペッジョーネ!
チェロコンサート ガット弦の魅力 ミエザホール・シリーズ その1 〜ギタリスト塩谷牧子さんを迎えて

バロックチェロによる J.S.バッハの無伴奏組曲
モダンチェロとギターとのアンサンブルを
理想の響きを持つ空間で味わう 冬の午後


ヨーロッパの石造りの建造物で弾いた時の音を想起させる理想の響き!
長年探していた、弦楽器の様々な音色や細やかな表現、そして最弱音まで味わうことができる空間に、 分倍河原のミエザホールで出会いました。
この素晴らしい響きに惚れ込んで、新しいコンサートシリーズを開始します。毎回、バロックチェロ で J. S.バッハの無伴奏組曲を演奏するほか、モダンチェロも使って古今の無伴奏作品、またゲストを迎 えてのプログラムなど、都心まで出掛けなくとも、充実した音楽を間近にお楽しみいただきたいと思い ます。記念すべき第1回はこの企画にぴったりな音楽家、ギターの塩谷牧子さんとのアンサンブルをお 届けします。
塩谷さんとのデュオは、2011年の東日本大震災後に都内で行われた、福島から避難してきた人々 を支援するイベントで演奏したのが始まりです。そして今、世界的な感染症の流行によって社会活動が 制限され、人と出会うこと、一緒に音楽をすることが、どんなに人間にとって大切なことか痛感してい ます。音楽による心の交流を大切にする私たちのアンサンブルで、みなさまの心身が少しでも安らぎま すように。
実はミエザホールには駅前開発による立退き話が持ち上がっているそうです。ホールは楽器であり、 音楽を成り立たせる大きな要素であり、演奏家や聴衆が大切に使うことで「名器」に育っていくもので す。同じ方法で再建したとしても同じ響きが約束されるものではありません。
人も音楽も建物も地球上に存在する間に、思う存分生かされることを願っております。

2020 年 12 月 13 日(日) 14:00開演(13:30開場)
【チケット】定員 35 名 要予約 3500円 完売御礼
【予約】 ☎︎ 03-6317-8916(ベアータ)
*電話またはメールでご予約のうえ、代金を以下にお振込みください。入金確認後、チケットを郵送いたします。
【お振込み先】
郵便振替口座 00170-1-472616 MA 企画
*恐れ入りますが振込手数料をご負担ください
【主催・予約・問合せ】MA(エムエー)企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp (☆を@にタイプし直してください)
*メールでのお問合わせは前日6時まで

【プログラム】
J.S.バッハ:
カンタータ「神の時こそいとよき時」BWV 106 よりソナティナ
無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV 1007
J.S.Bach: Cantata “Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit” BWV 106 - Sonatina Suite for cello solo No.1 in G major BWV 1007
F.シューベルト:アルペッジョーネ ・ソナタ
F.Schubert: Sonata for arpeggione and piano D821
・・・他 ギター独奏

20201213ss.jpg
💡チラシはこちらからご覧いただけます
20201213チラシ表.pdf
20201213チラシ裏.pdf
posted by makkida at 22:33| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2021年1月11日富田牧子・原田靖子デュオコンサート

2つのチェロと2つのオルガン
maki+yasu210111fryer-S-omote.jpg maki+yasu210111fryer-S-ura.jpg

大雪の日の夜、あの幻のコンサートから6年。松本市、ハーモニーホールでのチェロとオルガンのデュオコンサート が、やっと実現します!
今回のコンサートは、音文ホールではなく、自分たちの自主企画コンサートになります。
小さなコンサートや活動を一緒にやってきて、そして、私はコロナ禍で長野に移住し、いよいよ、二人で企画しようということになりました。
ガット弦を張ったバロックとモダンの調整のチェロ、ホールの大オルガンとポジティフオルガン、2つずつ使う贅沢なプログラムです。特に、ポジティフオルガンをバロック音楽の楽器として使う貴重な機会です。
今までの、松本の友人知人の応援や、つながりに感謝です!
どうぞよろしくお願いいたします。

2021年1月11日(月祝)14時開演(13:30開場)
【会場】松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)長野県松本市島内4351
【プログラム】
〜第1部 バロックチェロとポジティフオルガンで聴くJ.S.バッハ〜
J. S. バッハ(1685-1750):無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV 1007
     :ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ 第3番 ト短調 BWV 1029
〜第2部 モダンチェロと大オルガンで聴く19、20世紀の音楽〜
J. ラインベルガー(1839-1901):6つの小品 Op. 150より「夕べの歌」「パストラーレ」
C. フランク(1822-1890):大オルガンのための6つの作品 Op. 18より「前奏曲、フーガと変奏曲」
G. カサド(1897-1966):トッカータ(G.フレスコバルディの様式による)

【チケット】前売3000円/当日3500円 全席自由[限定200席]
💡11月1日発売開始!MA企画、ベアータにて予約受付中!
【チケット取扱い】チケットぴあ t.pia.jp/ [Pコード:189350]
以下の店頭で直接チケット購入するとシステム手数料はかかりません
アイシティ21 3F総合サービスカウンター
松本井上プレイガイド(井上百貨店6F)
セブンイレブン(マルチコピー機)
【チケット取扱い/予約】
松本市音楽文化ホール 0263−47−2004(手数料不要/配送不可(当日ホール事務室にて受取り精算))

【主催・予約・問合せ】MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(☆を@にタイプし直してください)
03-6317-8916(ベアータ)beataz@outlook.jp
💡電話またはメールでご予約のうえ、代金を以下にお振込みください。入金確認後、チケットを郵送いたします。11月1日以降の発送になります。
【お振込み先】郵便振替口座 00170-1-472616 MA企画(エムエーキカク)
恐れ入りますが振込手数料をご負担ください。

チラシpdfはこちらからご覧いただけます

〜新型コロナウィルス感染拡大防止対策について〜
*当公演は前半、後半とも30分前後の短めのプログラムとし、休憩時間に換気をいたします。
*お客様間の距離を十分に保つため、定員693席のところ200席に限定いたします。
*マスクの着用および入場時の手指消毒にご協力をお願いいたします。
*咳、発熱、頭痛など体調に異常がある方は、来場をお控えください。
*チケットの裏面(チケットぴあご利用の方には当日用紙をお渡しします)に、来場者のお名前・ご住所・電話番号をご記入ください(感染拡大防止のため、購入者ではなく実際に来場された方全員の連絡先を把握する必要があります)。チケットは公演終了後に回収いたします。

【プロフィール】
Makiko Tomita, Cello
東京藝術大学在学中にリサイタルを行い、演奏活動を始める。イタリア、フラ ンス、ドイツ、オーストリアの音楽祭や講習会に参加、ニューヨークでH.シャピ ロ氏の指導を仰ぐなど、ソロと室内楽の研鑽を積む。同学大学院修士課程修了 後ハンガリー・ブダペストに留学、バルトーク弦楽四重奏団チェロ奏者 L.メズー 氏に師事。NHK-FM「名曲リサイタル」、ORF(オーストリア放送)の公開録音 に出演。弦楽四重奏団のメンバーとしての活動を行う。 ピリオド(各時代や様式に合った)奏法への関心を深め、バロックとモダンに 調整した楽器にガット(羊腸)弦を張り、様式の異なる弓を使い分け、17 世紀 から現代(同世代作曲家の委嘱作品を含む)までの無伴奏作品を中心にソロリ サイタルを継続中。様々な楽器との組み合わせによる「充実した内容の音楽を 間近で味わうコンサート」の企画を続け、室内楽の楽しさを広める活動をライフ ワークとしている。パーカッションとのデュオ《羊とヤギ》で、ヒルデガルト・フォン・ ビンゲンなど中世の音楽や民俗音楽に即興を織り交ぜた独自の世界を展開、
CD「O Terra(大地よ)」を発売。身体と演奏の繋がりを探り、「耳を澄まして、 楽器の音を引き出す」レッスンやアンサンブルワークショップも行っている。2018 年、中町「蔵シック館・茶房」にてライヴシリーズを開始。2020年、長野県へ移住。ミホプロジェクト メンバー。http://tomitamakiko.seesaa.net

Yasuko Harada, Organ
東京藝術大学作曲科および同器楽科オルガン専攻卒業。コンサートホールな どでの演奏活動のほか、日本ルーテル教団セントポール・インターナショナル・ ルーテル教会オルガニスト、立教学院アシスタント・オルガニスト、立教池袋中 学校・高等学校オルガニスト、東京藝術大学オルガン科教育研究助手などを経 て、2014年春より松本市音楽文化ホールオルガニスト。 松本ではオルガンコンサートの企画・演奏や、オルガン講習会「初めてオルガン」「オルガンレッスン基礎・発展コース」などを通じて、地域にオルガンの魅力を軽やかに発信。子どものためのオルガンコンサートとして、ダンスアーティスト やヴォイスパフォーマー、美術家など異ジャンルのアーティストとともに創るユニー クなステージを継続的に行っている。2019年からは、持ち運びができる小さな パイプオルガン(ポジティフ・オルガン)による出張演奏「おでかけオルガン」が始 まり、地元で活躍する音楽家とのアンサンブルによるコンサートを届けている。また、2011年の東日本大震災・原発事故の翌年から国内各地でチャリティー コンサートを続けている「ミホプロジェクト」のメンバーとして、『ひまわりの丘』と 題した祈りのコンサートに、オルガンやリードオルガンの演奏で参加している。(https://mihoproject.wordpress.com/)
posted by makkida at 14:27| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

100年前のフォーレ:プレーンガットを張ったモダン楽器とモダン弓の関係

KIMG1219.JPG
表現に限界を作らない。
フォーレのチェロソナタ第1番、一楽章の冒頭。この緊張感のある、迫ってくるようなリズム。品格を保ちながらも、不安、憤りを感じるテーマはピアノ(p)で抑えているが、すぐにフォルテで爆発する。
自然に、しっとり滑らかに歌うフォーレのイメージとは遠い。ゴツゴツとした厳しさ。
作曲されたのは、第一次大戦真っ最中・・・。
100年少し前の、恐怖と不安の毎日。その中でほとばしり出る、表出せざるを得ない音楽だった。

作曲家が弦楽器奏者でなかったために、ボーイング(弓遣い)やフィンガリング(指遣い)が身体的にスムーズに運ばないことはしばしばある。でも、それはその音楽が持つ表現力の幅広さとは関係ない。
弱い小指で音色が出ない、とか、できないことに言い訳はしない。
もちろん、弱い指があることが欠点ではない。誰しも弱点はあるものだ。
体型も持っている力もエネルギーの種類も、それから、持っている弓も楽器もその癖も特徴も、ほかの人と違うのだから、演奏者は弾き方をそれぞれが自ら考えて探さなければならない。

プレーンガット弦にしたことで、これまでの弾き方を見直すことになった。
グランドピアノとデュオソナタを演奏するときに、フォルテで音が埋もれないようにするコツ。アタックの付け方、音の輪郭の際立たせ方。覚えてしまったものや思い込みに気づき、疑問を持つ。当たり前にこうするもの、と身に付いていたことを捨てて考え直す。もう一度、譜読みをし直すようなこと。
ただアタックをつけて強い音の性格を作るのではなく、ガット弦で作り出せる音のしなやかさ、伸びかた、倍音の増えかたを最大限に使う。全く違うテクニックを身体で作り出す。
もしかしたらスタインウェイのモダンピアノにかき消されるかもしれない。
一つの音の進みかた、どのくらいの速さで音が進むのか。それと響きの広がりで、一つの場所に留まらないフレージングを描いていく。
彫り起こす、彫刻のような緊張感、そして手応え。

不安、恐れ。
この感染症は100年に一度の危機、と言われる。
この100年の地球上の歴史、どんなことを人間はやってきたか・・・。



posted by makkida at 17:50| ガット弦で弾く室内楽 | 更新情報をチェックする
当サイトの写真、記事の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 Copyright 2023 Makiko Tomita Kida, all rights reserved.